利用規約

公益財団法人 関西フィルハーモニー管弦楽団(以下「当社」)は、当社が提供するONE KANSAIで「関西フィル応援プロジェクト」(以下「本サービス」)の利用規約を以下のとおり定めます。本サービスのユーザー(以下、「ユーザー」といいます。)は、本規約の定めに従って本サービスを利用するものとします。 第1条(適用) 本規約は、本サービスの利用条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。 第2条(本規約への同意) 1 ユーザーは、本規約に同意頂いた上で、本サービスを利用できるものとします。 2 ユーザーが本規約への同意手続を行った時点で、ユーザーと当社との間で、本規約の諸規定に従った利用契約が成立するものとします。 3 ユーザーは本規約を遵守し、かつ当社の定める一定の情報を当社の定める方法で当社に提供します。 4 ユーザーが未成年者である場合には、親権者その他の法定代理人の同意を得たうえで、本サービスをご利用ください。 5 未成年者のユーザーが、法定代理人の同意がないにもかかわらず同意があると偽りまたは年齢について成年と偽って本サービスを利用した場合、その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、本サービスに関する一切の法律行為を取り消すことは出来ません。 第3条(本サービスの内容) 本サービスは、当社が企画・制作した作品に対し、不特定多数のユーザーが支援者となり、金銭的な支援をする場を提供します。 第4条(個人情報等の取り扱い) 個人情報及びユーザー情報については、当社が別途定める「プライバシーポリシー」に則り、適正に取り扱うこととします。 第5条(禁止行為)  本サービスの利用に際し、当社は、ユーザーに対し、次に掲げる行為を禁止します。当社において、ユーザーが禁止事項に違反したと認めた場合、本サービス利用の一時停止、その他当社が必要と判断した措置を取ることができます。 (1)当社または第三者の知的財産権を侵害する行為 (2)当社または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為 (3)当社または第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為 (4)当社または第三者に経済的損害を与える行為 (5)当社または第三者に対する脅迫的な行為 (6)コンピューターウィルス、有害なプログラムを仕様またはそれを誘発する行為 (7)本サービス用インフラ設備に対して過度な負担となるストレスをかける行為 (8)当サイトのサーバーやシステム、セキュリティへの攻撃 (9)当社提供のインターフェース以外の方法で当社サービスにアクセスを試みる行為 (10)上記の他、当社が不適切と判断する行為 第6条(本サービスの停止等) 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。 (1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合 (2)コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの運営ができなくなった場合 (3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合 (4)その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合 第7条(知的財産権等) 当社ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイトまたは本サービスに関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。 第8条(本サービスの内容の変更、終了) 1 当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。 2 当社が本サービスの提供を終了する場合、当社はユーザーに事前に通知するものとします。 第9条(免責) 1 当社は、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。 2 当社は、ユーザーの本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。 3 当社は、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。 4 当社は、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。 5 当社は、本サービスを利用したことにより直接的または間接的にユーザーに発生した損害について、一切賠償責任を負いません。 6 当社は、ユーザーその他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当社が係る損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。 7 第1項乃至前項の規定は、当社に故意または重過失が存する場合には適用しません。 8 前項が適用される場合であっても、当社は、過失(重過失を除きます。)による行為によってユーザーに生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害については、一切賠償する責任を負わないものとします。 9  本サービスの利用に関し当社が損害賠償責任を負う場合、ユーザーから受領した利用額を限度として賠償責任を負うものとします。 10 ユーザーの行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合には、ユーザーの費用(弁護士費用)と責任で、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金を支払った場合には、ユーザーは、当社に対して当該損害賠償金を含む一切の費用(弁護士費用及び逸失利益を含む)を支払うものとします。 11 ユーザーが本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、ユーザーの費用と責任において当社に対して損害を賠償(訴訟費用及び弁護士費用を含む)するものとします。 第10条(規約の変更) 1 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとし、ユーザーはこれを異議なく承諾するものとします。 2 当社は、本規約を改定するときは、その内容について当社所定の方法によりユーザーに通知します。 3 前本規約の改定の効力は、当社が前項により通知を行った時点から生じるものとします。 4 ユーザーは、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなされます。 第11条(権利譲渡の禁止) 1 ユーザーは、予め当社の書面による承諾がない限り、本規約上の地位および本規約に基づく権利または義務の全部または一部を第三者に譲渡してはならないものとします。 2 当社は、本サービスの全部または一部を当社の裁量により第三者に譲渡することができ、その場合、譲渡された権利の範囲内で、本サービスに係るユーザーの一切の権利が譲渡先に移転するものとします。 第12条(分離可能性) 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。 第13条(当社への連絡方法) 本サービスに関するユーザーの当社へのご連絡・お問い合わせは、本サービスまたは当社が運営するwebサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信または当社が別途指定する方法により行うものとします。 第14条(準拠法、管轄裁判所) 1 本規約の有効性,解釈及び履行については,日本法に準拠し,日本法に従って解釈されるものとします。 2 当社とユーザー等との間での論議・訴訟その他一切の紛争については、訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。 2020年6月15日 施行